« MHF-Z act51がほしい!ので行ってみた(5キャラ) | メイン | MHF-Z 逆襲のハルドメルグ、、、君は奈落の底に逝きたまへ »

2017年7月30日 (日)

パチ CRアナザーゴッドハーデスを打ってきました

なるべくパチの話は避けたいんだけど仕様がかなり変則なんで書きます。ということで今回はパチのお話なんで興味ない方はスルーで。

CRアナザーゴッドハーデス(以下アナゴで略)が導入されてきましたので打ってきました。

業界ではいろいろあったみたいで一旦は販売中止で一安心とおもったらちょっとしたら販売します!となって大変だったみたいですね。

通常1/320のミドル、確変確率65% 最大出玉2400発と今度の内規変更予定の規則に完全にひっかかりますw

1_4

2_3

前作にでたゼウス、アテナ、アフロディーテ、アルテミス、アポロン、タレスはお休みです。代わりにハーデス様、恐妻&鬼嫁ことペルセポネさま、わんわんケルベロスが活躍します。

ペルセポネはスロから衣装チェンジがありセクシー系の恰好に変わっています。

スロしか打たねえ!ってひともアナゴファンならこの衣装を見るだけでも打つ価値があるかも!?

んで本題の仕様のお話です。

一つ目の変更点。前作は確変確率100%の突然確変&潜伏確変があるきっついスペックでしたが、今回は確変時は次回まで電サポありになります。言い換えると100回で電サポが終わったら通常大当たりになります。止め時は電サポ終了時が一番いいです。

なおラウンド数で通常と確変は見抜けないようです。16Rでも通常はあります。

Img_20170730_134655

2つ目は変則の保留8タイプです。

通常の保留8は自動で振り分けされて最大8個まで溜めやすくなってます。

アナゴは変則タイプでへそ→クルーンと玉が流れて、最終的に右奥の穴(特図1、青穴)or左奥の穴(特図2、赤穴)&一般入賞(変動なしの要は外れの穴)のいずれかに入る形になります。

ボーダーは3.5円交換で14.4回ぐらいなのですが、3個の穴に均等に入っていくと仮定して一般入賞に入る可能性を考えるとへそを通る数は1.5倍の21.6回、切り上げて22回へそを通らないといけない形になります。

思ったよりきついです(;^_^

Img_20170730_134602

あと自動で振り分けでないですから、特図1又は2へ偏った数がはいったりすることもあります。

その為画面右下の保留数をこまめに確認してどちらかが3個になったら止めうちをしましょう。

あと釘も大事ですがクルーンの振り分け負けが起きないようにネカセにも注意です。奥の2個の穴じゃなく手前の一般入賞口に入りまくる台は避けてください。ネカセがいいとお宝台に化けることも、、、

気にしすぎると演出は楽しめませんが、勝ちにこだわるならここら辺を注意して打っていかないといけないです。

かなり出玉の波が荒い台ですので確実に勝ちたい人はさけたほうがいいです。代わりに一発勝負には向いているので仕事帰り際ちょっとだけ遊びで打つ、又は金額を決めて勝負する程度ならばいい台ですよ。

コメント

ハゲス万枚行ったときにセポ姐に4桁お世話になったので今度やってみます
にしても姐さん更に可愛くなったなぁ~


スロ専だからパチは何見て台選びすればいいかよくわからん
何か良い選び方ない?

基本釘しかないです。

本来見るべきポイントは多いのですが、とりあえず初心者はへそ(ハの字に広がってると〇)、風車(ちょっとだけ←によってると〇)を見るだけでいいかと思います。記事に書いてる通り3.5円交換のお店ならば1000円あたりへそを通る玉の数が22回以上、変動回数が14.4回以上を超えればいいです。厳密にはもうちょいプラスがいいですけどね。

スロと違いこの回転数だからあたり易いとかはパチには「現状」ないです。変なオカルトに惑わされないようにしてもらえればいいです。

コメントを投稿

RSS